キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 トレーニング途中でパーソナルトレーナーの変更・交代は可能ですか? : パーソナルトレーナー練習法について

トレーニング途中でパーソナルトレーナーの変更・交代は可能ですか?

パーソナルトレーナー練習法について

パーソナルトレーナーの変更・交代は可能か聞いてきた質問者への回答です。交代は可能。しかしその前にやるべきことなど、注意点を述べ回答します。

トレーニング途中でパーソナルトレーナーの変更・交代は可能ですか?

パーソナルトレーナーの変更・交代はどのような手順で行ったらスムーズなのでしょう。

申し出る前にやっておきたいこともあります。

考えてみましょう。

■交代申し出の前にやっておくこと。

パーソナルトレーナーの交代は、統括責任者などジムの担当者に申し出ればいつでも可能です。

しかしその前にやっておくべきことがあります。

最初の段階で、自分の目標や目的をはっきりさせ、パーソナルトレーナーや責任者にしっかり伝えておいたかどうかです。

またトレーニングで、やって欲しいこと、やって欲しくないことなど、具体的にお願いしたかどうかです。

反省は相手に求めることはできないので、まず自分の失点をはっきりさせておきましょう。

それができていないと同じ事の繰り返しになります。

■同じ失敗を繰り返さないために。

パーソナルトレーナーを変更して欲しいときは本人に直接ではなく、ジムの担当者に申し出て、その後、本人と顔をあわせることがあったら、事情を話しておきましょう。

軽く一礼してお詫びの気持ちを表しておけばシコリを残しません。

新しいトレーナーと再スタートする前には、前述の点を踏まえて、今度はしっかり打ち合わせしておきましょう。

トレーナーの指示に黙って従う必要はないので、疑問に思ったときはその場で聞いてみたり、「私はこう思うのですが」などと切り出してみたり、相手の考えを聞くことが大事です。

そのままにしておくと不信感につながります。

■パーソナルトレーナーとは長いおつきあいになるので、適度な距離を保ちつつも親しく、上手なコミュニケーションをとっていきましょう。

パーソナルトレーナーは、技術や技能は十分備えているプロです。

あとはそれをうまく自分の要望に当てはめてくれるかです。

コミュニケーションの取り方でやりやすさが一変することもあるので、ときには会話の仕方を変えるなど工夫してみましょう。

PICKUP記事

SIDE MENU


Copyright パーソナルトレーナー練習法について. All Rights Reserved.